市民ネットワーク for TICADの公式ページです。
News
  • HOME »
  • News »
  • セミナー

セミナー

【報告】第3回セミナー「ものづくり企業×NGO ~互いの強みをいかしてアフリカのSDGs達成を目指す~」

10月20日(午後2時~4時)、JICA地球ひろばにて「世界の人びとのためのJICA基金」第3回を開催しました。今回は多様なセクターによる連携のなかでも、企業や元企業の皆さまによる企業の技術を生かしたプロジェクトとNGO …

【セミナー案内】ものづくり企業×NGO ~互いの強みを活かしてアフリカのSDGs達成をめざす~

★「誰も取り残さない」かたちで貧困や格差をなくし、持続可能な世界の実現をめざすための目標持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)、アフリカの50年間の開発指針であるアジェンダ2036-これらの目標を実現するた …

緊急企画:TICAD VIフォローアップ閣僚会合を揺るがした「西サハラ問題」 =その経緯と現在:本当の問題は何なのか?=

◎日時:10月5日正午~午後1時30分(11:45開場) ◎場所:聖心女子大学 4号館 4-2 小教室 1 (住所)東京都渋谷区広尾4-2-24 (案内)http://www.u-sacred-heart.ac.jp/a …

【セミナー】アフリカにおけるSDGsと「アジェンダ2063」達成に向けたパートナーシップ =国連SDGsハイレベル政治フォーラム(7月、ニューヨーク)とTICAD VIフォローアップ閣僚会合(8月、モザンビーク):アフリカと日本の市民社会は何を語ったか=

「世界の人びとのためのJICA基金」セミナー 「NGO、企業、国際機関…多様なアクターが連携するアフリカ開発」シリーズ第2回   ★現在、アフリカ開発の大目標は二つあります。2016年から実施が始まった「持続可 …

【セミナー】暴力を止め、グッド・ガバナンスを促進する市民社会の役割:ケニア大統領選挙の事例から =アフリカ民主主義・リーダーシップ研究所(IDEA)所長・デニス・コーデ氏を迎えて=

「世界の人びとのためのJICA基金」セミナー 「NGO、企業、国際機関・・・多様なアクターが連携するアフリカ開発」シリーズ第1回   ◎8月8日に行われたケニア大統領選では、現職のウフル・ケニヤッタ氏が勝利した …

【参加者受付中】2/5 よこはま国際フォーラム セミナー 「次のTICADは2年後~TICADVIの約束にどう取り組み、TICADVIIにどうつなげる」

2016年8月27-28日、ケニアのナイロビで開催されたTICAD VIは、ナイロビ宣言の採択をもって終了しました。政府や国際機関、民間企業、市民社会等から約11000人が参加し、初めてのアフリカ開催となった今回のTIC …

【終了しました】冬の特別企画!アフリカ体験ウィンター・コース

.冬の特別企画!アフリカ体験ウィンター・コース ~”アフリカ”に触れて、学び、考える冬の一日~ 市民ネットワーク for TICADは、2016年8月に開催した「国際協力NGO体験サマー・コース」に引き続き、第2弾として …

(終了しました)TICAD VI 市民社会報告シンポジウム 日本とアフリカの新たな歴史の始まり =TICAD VIを越えて=(9/26)

TICAD VI 報告シンポジウムを開催します。 実施報告はこちら。 □■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ TICAD VI 市民社会報告シンポジウム 日本とアフリカの新たな歴史の始まり =TIC …

TICAD VI 本会議(分科会)の様子

[News] Civil Society TICAD VI in Nairobi

What we do at TICAD VI in Nairobi   (Japanese Page) 6th Tokyo International Conference on African Development …

FINAL TICAD VI LOGO5050

【お知らせ】TICAD VI in Nairobi―市民社会の取組み

Civil Society TICAD VI in Nairobi (English Page) 今年8月27日、28日、初のアフリカ開催となる第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)がケニアの首都ナイロビで開催されま …

FINAL TICAD VI LOGO5050
1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © Afri-Can 市民ネットワーク for TICAD All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.